前田伸子オフィシャルサイト~これが私の生きる道~
前田伸子オフィシャルサイト~これが私の生きる道~ホーム前田伸子オフィシャルサイト~これが私の生きる道~プロフィール前田伸子オフィシャルサイト~これが私の生きる道~リポート
 
日本歯科評論(通刊第788号)掲載
It is an English page
「女子大に入学してしまった」
  私の母校はもともと母体の大学が女子大学であったため,歯学部も日本で唯一の女子だ
けの歯学部(鶴見女子大歯学部)だった。昭和48年には歯学部だけ共学になったため,女
子だけのクラスは私が第一回生として入学した昭和45年から,47年(三回生)までの3年間し
か存在しない。小・中・高と共学で育った私にとって,女子だけの環境は非常に違和感があり
入学当初は「間違った選択をしてしまった」と後悔し,入学時からしばらくの間,大学をいつ辞
めようかと考える日が続いた。
  これは医学部受験に失敗し,翌年再チャレンジするために予備校に通い始めていた矢先,
新設学部として認可の下りるのが遅れていた本学歯学部を「受験してみないか」と父に勧め
られ,医者になるとの初心を全うせずに歯学部に入学してしまったことへの挫折感もあった
ためだと思う。
  しかし,“慣れ” とは恐ろしいもので,初めての夏休みを迎えるころには女子だけの環境に
どっぷり漬かって,「男子の目を気にしないでよい」という気楽さを享受するようになった。
 
 
「歯科の臨床が好きじゃない」
  女子ばかりの一回生,二回生,三回生は,今では全員50歳以上になっているので、“三人
娘” と言うのは憚られるが,学生のときには見事に三人娘の性格の特徴を呈していた。つまり長女である私たち一回生は真面目だが少々要領が悪く,しっかりしているようで結構ドジなところがあり,次女の二回生はマイペースな個性派揃いで,情より理が勝つタイプが多く,三女 の三回生は可愛らしい甘え上手のお嬢さま気質.育っていく環境のなかで性格形成がなされることがよくわかる。
  ともあれ,私たちは新設歯学部で大切に育てられた箱入り娘たちだった。特に一回生は新
しい歯学部での初めての,しかも女子ばかりの学生として,ありあまるような愛情を一身に受
けていたように思う。女として生まれた損得について,あまり意識したことはないが,もしかす
ると唯一の女子大歯学部の学生ということで,特別の扱いを受け,得をしていたのかもしれな
い。
  学年が上がり,専門科目が増えてきた時期の最大の悩みは,臨床科目の実習が好きにな
れないということであった。練習のためにプラスチックの歯を削るのも,模型上で義歯やクラウン・ブリッジを作製するのも,矯正のワイヤーを曲げるのも,一切合切好きになれなかった。もちろん,好きになろうがなるまいが,卒業して歯科医師のライセンスを得るために,何とか遅れないように実習の課題はこなしていったが,「こんなことでは臨床歯科医師になるのは無理ではないか」と思い始めていた。
「口腔細菌学は面白かった」
  臨床科目はそんな有様だったが,基礎科目はすべて面白く,なかでも口腔細菌学は特別に好きな科目だった。口腔常在細菌叢内での細菌たちの振る舞いが人間社会の縮図のようで,彼らの関係性を明らかにする仕事をしたいと思った。
  そこで,卒業後の進路は迷うことなく何らかの形で口腔細菌学をより深く学ぶ道として,大学院に行くことを決めた。私の父は大阪歯科大学の前身である歯科専門学校を出て,家計を助けるためにすぐに開業したが,内心では「状況が許されるならば,学問的な研鑽を積みたい」と思っていたためか,娘の「基礎系の大学院へ行きたい」との希望を全面的にサポートしてくれた。
  のちに父から聞いた話だが,仲間の歯科医師に「女の子にこれ以上の教育をつけても,仕方がないだろう。どうせ嫁に行くのだから」あるいは「大学院なんかへ行かせたら婚期が遅れる」とかいろいろ言われたようである。そのせいかどうか,婚期など考えることもなく,結婚もせず,今まで好きなことをやらせてもらって,ここまで来た。
  当時,鶴見大学には大学院がなかったため,東京医科歯科大学の大学院に進み,新しい環境に身を投じた時,母校の先生方の愛情と気遣いがかけがえのないものであったことに初めて気づいた。また,女性が少ない環境だったため,しばらくの間,かなりの緊張感を強いられ,女子だけの気楽な雰囲気が懐かしかった。しかし,これが一般的なことなのか,私の特徴なのか定かではないが,どんな環境でも大体3カ月で慣れるようで,女性が少ないことによる心地の悪さの時期が過ぎると,今度は女性が少ないせいか,結構大事にしてもらったような気がする。
後編へ続く >>
HOMEプロフィール研究活動メッセージリポート
Copyright (C) 2009 Nobuko Maeda. All Rights Reserved.